読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEのMessaging APIを使ってbotを作ってみたい

カウントダウンしてくれるようなbot作ってみたいな〜と調べたらLINEでできる様子
何もわからない状態で一からやってみるぞ!!!!!

LINEのMessaging APIとは?

business.line.me

あなたのサービスとLINEユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする機能

だそう

任意のタイミングでメッセージを送信するPush API
ユーザーからのメッセージに対しての応答メッセージを送信するReply API

がある

そして気になるお値段がこちら

f:id:seto_abe:20161203152908p:plain *1

個人でちょろっと試すのであればDeveloper Trialが最高
友だち数が50人と制限はあるけどReply APIPush APIができてメッセージ配信が無制限 最高
フリーも無料だけどPush APIが使えないのはいたいね

やってみよう 登録 〜 メッセージ送信

ということで早速いじってみよう
Messaging APIを始める から始めてみよう

f:id:seto_abe:20161203160135p:plain

まずは自分のLINEのアカウントでログイン
スクショ撮り忘れた

次にBUSINESS CENTERで使うアカウントを作成

f:id:seto_abe:20161203155413p:plain

【LINE Business Center 登録用URL】が載ったメールが届くのでプロフィール入力

f:id:seto_abe:20161203161428p:plain

botとなるアカウントの作成

f:id:seto_abe:20161203161547p:plain

作成?できました

f:id:seto_abe:20161203161639p:plain

LINE@ MANAGERにれっつごー
さすがに個人用で使いたいアカウントでやるのもなんなので新しく作成

f:id:seto_abe:20161203163047p:plain

ウィンドウを縦長に設置してるせいで横スクロールでてきてしまった
どうでもいいけど赤文字でかかれているとやるのこわいね!

次にこのアカウントと友だちになってみよう
左メニューのアカウント設定>基本設定

f:id:seto_abe:20161203163802p:plain

いえい
もうすでに投稿されてるね

f:id:seto_abe:20161203163914p:plain

次にメッセージを送ってみよう
左メニューのメッセージ>新規作成
テキストを選択して送信!

f:id:seto_abe:20161203164300p:plain

届いた

f:id:seto_abe:20161203164343p:plain

最後に自動応答メッセージとキーワード応答メッセージを試して今回は終わろう
自動応答メッセージ wan
キーワード応答メッセージ おはよう に対して おはよ〜〜

f:id:seto_abe:20161203165335p:plain

またちょいちょいいじってみよう

*1:LINE BUSINESS CENTERから 2016/12/3現在